TRSYS01

TRSYS01 高精度熱抵抗測定システム(2点測定法)

TRSYS01 仕様:
試験方法(標準規格) ISO 9869 および ASTM C1155 / C1046
測定位置 2ヶ所 (増設も可能)
電 源

AC110-220 V, 0.5 W (最大)

またはDC12V

温度差 (ΔT) 熱電対 type KX, 584.3:1989
ΔT 精度 0.1 ℃
熱流センサー HFP01
防水性 IP 63
ケーブル長さ

20 m (3x) 熱電対*2、HFP01*1

10 m (3x) 熱電対*2、HFP01*1

データ保存日数

> 30 日(

10 分平均/24時間平均)

データ解析 ISO and ASTM 標準規格に準じてユーザー自身で計算。

TRSYS01は建築物・ビル・およびその構成要素(壁など)の熱抵抗値(厚さ/熱伝導率)・ 熱貫流率(1/熱抵抗値)を現場で測定する装置です。 ISO 9869 and ASTM C1155 / C1046 規格に準じた測定方法です。 この標準規格の測定法では、測定対象の2つの面を測定するために、2つの熱流センサー(熱フラックスセンサー)と2つの熱電対で構成される必要があります。

製品のPDFファイル

特 徴

現場での建築物の熱抵抗値・熱貫流率(U値、K値)測定は、はしばしば建設部材の研究で必要になります。

熱抵抗値(TR)測定は、時間平均熱フラックスF(熱流センサーを使用)と温度差ΔTにより、以下のように表されます。

TR = ΔT / F

ISO と ASTM 規格は、 この測定方法、設置方法、データ分析に対し、評価を与えるものです。

TRSYSは総合精度 0.1℃以上測定するため、高精度の熱電対ペア (測定精度 1 μV以上) と 高精度熱流センサー( HFP01 )により構成されています。 HFP01 熱流センサーは建築物からの熱フラックスを測定するのに最も一般的なセンサーです。

TRSYS01 ①コントロールユニット(MCU)、②ACアダプター(電源)、④2対の熱電対温度計、 ⑤2組の熱流センサー(HFP01).

MCUは測定および、データの保存をします。データの回収には、③のPCを接続しますが、測定中常時接続しておく必要はありません。データ回収ソフトは構成に含まれます。

オプション

  • LP02 日射計
  • バッテリーパック

構成

  • コントローラー(MCU)、熱流センサー*2、熱電対*4
  • ソフトウェアー、通信ケーブル(USB)

 

Version 0620