DR01

DR01 ファーストクラス直達日射計

DR01 仕様:
ISO 等級 ファーストクラス
分光範囲 200 – 4000 nm
応答速度 (95%) 18秒
全開口角 5度
傾斜角 1 度
照射放射量 0 から 2000 W/m2
感度 (代表値) 10 μV/ Wm-2
動作温度 -40から – +80 °C
温度依存性 < 0.1%/°C
非安定性 < 1% / 年
キャリブレーション WRR
ケーブル長さ 5 m (延長可能)
Hukseflux DR01, first class Pyrheliometer - Items

図 1: DR01 : (1) 保護キャップ (2) ヒーターつきウィンドウ (3) 照準器 (5) センサ- (7) 湿度感知器(10) ヒーター用ケーブル

図 2: DR01 外観図(mm)

DR01は調査・研究レベルでの直達日射の照度を測定するための日射計です(ピロへリオメーター/Pyrheliometerという名でも知られています)。 DR01は直達太陽放射(短波)の測定を目的としており、太陽追尾装置(トラッカー)に搭載して使用します。 DR01はファーストクラスの直達日射計で最新のISO及びWMO標準規格に準拠しています。

 

この製品のPDFファイルをプリントアウト

概要

DR01は前面入射窓にクウォーツレンズを使用し、精密に組み立てられた0.2-4μmの分光範囲を持つ、直達日射計です。最新のISO-9060とWMO標準に準拠し、DR01の開口角は正確に5°となっており、直達日射照度を測定するのに最適です。

DR01の測定上の許容範囲は2000W/㎡で、場所を選ばず設置できます。サーモパイルセンサーの機能によって直達日射の受光に比例する低レベルのDC ミリボルト出力信号を発生させます。

DR01はまた前面入射窓に断熱された低出力レンズヒーターが組み込まれています; これは日の出前に入射窓に付着した露を取り除くのに有効で、これによって正確な測定結果を得ることが出来ます。DR01による直達日射照度はデータロガーに接続され、10マイクロボルト以下の測定結果を得ることが出来ます。自動太陽追尾装置に搭載して使用します。DR01を使用しての測定は科学的な気象観測 はもとより、素材のテスト調査、太陽光収集器/太陽電池パネルの効果、太陽光の新たな利用評価などに役立ちます。DR01はケーブル一本で接続可能なので、ユーザーが現場で簡単に接続でき、設置時間が節約できます。DR01には校正済みでWRR規格に準拠する証明書が添付されています。

使用例

  • ・気象観測

  • ・素材テスト・調査

  • ・太陽熱収集器 /太陽電池パネルの有効性

  • ・太陽光の新たな利用・評価

オプション

・ケーブル長さの延長、 AC100 / AC420 型 アンプ

・太陽追尾装置に関してのご質問も承ります。

 

 


Version 0814