SBG01

SBG01 水冷式熱流センサー(シュミッド・ボエルター式)

SBG01 specifications:
冷却水の温度範囲 10 to +30 °C
冷却水の量と種類 > 10 L/hr
推奨: 30 L/h @ 3 bar (水道水)
測定範囲 5, 10, 20, 50, 100, 200kWm-2
応答速度
5 to 10 kW/m2
20 to 50 kW/m2
100 to 200 kW/m2

< 450 ms (63%)
< 250 ms (63%)
< 200 ms (63%)
耐用範囲 測定範囲の150%
出力信号 > 5 mV (各測定範囲)
測定波長範囲 < 50.000 nm
視野角 180 度
放射率 > 0.95
校正 NIST
大きさ

25.4φ×41.4Lmm(フランジ除く)

水冷パイプ:内径2、外径4.2×16Lmm

 

ケーブル テフロンケーブル 2m標準
注文方法 SBG01/測定範囲/ケーブル長
Hukseflux Water Cooled Heat Flux Sensor - SBG01
Hukseflux Water Cooled Heat Flux Sensor - SBG01 - Dimensions and Items 図 1 SBG01 (上図)上からの図(mm).
(下図): SBG01 ①シュミッド・ボエルター・ガードンゲージ ,② 水冷パイプ(内径2、外径4.2),  ③ケーブルs 2 m.

SBG01は水冷式の熱フラックス(熱流)センサーです。 その主たる目的は燃焼性試験、燃焼速度試験、可燃性試験火炎など危険性評価試験における火炎(炎) の研究です。SBG01の計測方法は、 ASTM E 622-83, as well as ISO 5658, 5560 and 17554 standardsに準拠しています。

PDFカタログはこちら.

SBG01 は強制水冷式の熱フラックスセンサーで、 火炎(炎)の熱フラックス(熱流束)を 200 kW/m2まで測定可能です。 冷却水は特別な装置がなくても、水道水でも簡易的に利用可能です。 経済的なSBG01センサーにより、火炎(炎)の熱フラックス計測が容易になりました。

 

この種の強制冷却式熱フラックスセンサーは、熱放射環境が厳しいところで動くように設計されています。センサー自体は熱伝堆方式のため、電源不要で熱フラックスに比例した電圧出力が得られます。あまり温度の高くならない環境であれば、水道水により冷却しながら測定することが可能になります。

SBG01には6種類のレンジがあります。従来のガードンセンサー、シュミッド・ボエルターセンサーと比較して以下のような利点があります。

  • タケノコ型のチューブ接続部
  • 強固な受感部
  • 保護キャップ強固な冷却水供給ステンレスパイプ


オプション

  • 延長ケーブル (2 m付属)

参考

  • 移動式: HF03
  • 放射熱フラックス(熱流)と対流熱フラックスの測定: RC01
  • ボイラー向け: RHF01,
  • フレアーモニタリング(炎測定): HF02.

冷却水

通常は、水道水を用いますが、もし、水道水が用いられないときには、以下の循環水冷却システムをお奨めいたします。

http://www.zalman.co.kr

校正

フクセフルックス社は簡易的な校正用もご用意しています。

Version 0617

 

SBG01