HFP01SC

HFP01SC 自己校正/セルフキャリブレーション付きセンサー

熱流センサー仕様:
感度(代表値) 50 μV/Wm2
抵抗(代表値) 2 Ω
測定温度範囲 -30 – +70 °C
予測精度 ± 3%
フィルムヒーター仕様:
抵抗(代表値) 100 Ω
入力電圧 9-15 VDC
出力電圧 0-2VDC
キャリブレーション持続時間 ±3 分 (1.5W),通常 3 又は6時間毎)
平均消費電力 0.02-0.04W

図 1 HFP01SC 外観

図 3: HFP01SC 熱流センサー:
(1) ヒーター
(2) センサー本体
(3) ケーブル

HFP01SCセンサーは、自己校正付き(「Self-calibrating heat flux sensortm」)熱流センサーです。土壌中・地中の熱流を、高精度で計測でき、測定精度がさらに改善されました。オンライン自動校正システム「Van den Bos-Hoeksema法」により、様々な一般的な誤差を補正します。その誤差とは、センサーと土壌の熱伝導率の不一致、土壌含水率の変化に伴う熱伝導率の変化などに起因するものです

この製品のPDFファイルをプリントアウト

 

製品概要

HFP01SCセンサーは熱流センサーとフィルムヒーターで構成されています。主に、周囲の土壌を通して、熱流を推計します。HFP01SCセンサーの出力は、センサーを通過する熱流の大きさに比例します。
校正時には上部に取り付けられたフィルムヒーターが作動します。
 (図2参照)その結果、その時点の周囲状況による誤差補正値を校正します。また同時にケーブル接続、データ収集などのテストにもなります。温度依存性とセンサーの不安定性からくる誤差も除外され、計測・検定の精度が改善されました(参照 従来のモデル、HFP01センサー)。

 

図2自己校正原理の説明: 左図 通常の状態の熱流j、右図 上部に取り付けられたフィルムヒーター(1) が作動し、熱量jが発生。熱流センサーの反応を計測。理想的な状況においては、発生した熱流jの50%が、プレートを通り抜けます(通常 150 W/m2)。熱伝導率が不一致の場合、偏差 (X) が生じます。このアプローチの基本は、非障害物の媒体 (1+X) を通して、熱流が上方へと通り抜け、一方では、熱流センサー(障害物)と基底にある媒体を通して、熱流が下方へと分かれて通り抜けることです。ただし、シグナル水準(1-X)は、 引き続き、通常の状態の熱流レベル0.5 jに相当しています(左図参照)。

典型的な測定方法では、空間平均をとるために、2つのセンサーを使います。

製品マニュアルをEメールにてお送りいたします。

キャンベルサイエンティフィック社のCR10X用のプログラムも提供可能です。

 

オプション

  • 延長ケーブルの追加:5メートルごと

使用目的例

 土壌の熱流の科学的計測

参照項目

関連製品

 

Version 0618