HF05

HF05 工業用熱流センサー(熱フラックス)

HF05 仕様
熱流測定センサ 熱電堆(サーモパイル)
温度測定センサ K熱電対
感度 15 μV / W/m2
校正の不確かさ ±10%(k=2)
測定範囲 ±6 kW/m2
温度範囲 -30~+170 °C max
防水性 IP67
ケーブル(テフロンPTFE) 3m (標準・延長可能)
 
 

HF05は、工業用途における熱流(熱フラックス)と表面温度を測定します。 センサは、完全に密閉されたステンレススチールの本体とPTFEケーブルを備えています。 比較的シビアな環境条件に耐えることができます。

HF05は、対象とする物体を通る熱流束をW / m2単位で測定し、その表面温度を℃単位で測定します。 HF05のセンサーはサーモパイル(熱電堆)とK型熱電対です。 サーモパイルと熱電対はパッシブセンサーなので、電源を必要としません。 HF05の内部のセンサーは、完全に密閉されたステンレススチール製ボディで保護されています。

HF05の典型的な用途は、反応容器またはリアクターの表面に取り付けられ、内部の汚れ・劣化のモニターをすることです。 長期間モニターする事により、内部材料の汚れ・劣化を感知する事が出来ます。HF05は産業用断熱材の性能評価にも使用されます。 HF05の使用は簡単です。 一般的に使用されるデータロギングシステムに直接接続できます。 各製品に校正証明書が提供されます。

PDFカタログ(英語)

 

オプション

  • テフロンケーブル延長
  • ヒーター
  • 金属製ケーブル
Figure 1 HF05:①取付用フランジ、②センサー本体、③テフロンケーブル
シールドは筐体に接続されていません。
標準取付:M6のビスを測定したい容器の表面溶接してセンサーを取付
センサーと容器表面はシリコングリースなどで、密着性を良くする事(空気が入らないように)
 

工業規格
・HF05は、ASTM C1041-85(2007)熱流変換器を使用した工業用断熱材の熱流の現場測定のための標準実務の要件に準拠しています。

EC型試験証明書(ATEX)II 2 G EEx d IIC T6

校正

HF05はASTM C1130の手法で校正しており、国際標準にトレーサブルです。