HF01

HF01 高温熱流センサー

センサー仕様:
熱流感度(代表値) 0.5μV/W・m-2 @ 90 °C
測定範囲 ±50 kW.m-2
測定温度範囲(センサー & メタルシールドケーブル) -30 – +800 °C
測定温度範囲(テフロンケーブル) -30 – +240 °C
オプション マグネット付きメタルフレーム (MF01) は 550 °C までy)、延長ケーブル
耐水性能(センサー&ケーブル) IP 65
メタルシールドケーブル長さ 900 mm
テフロンケーブル 3500 mm
シリコンシート 1000 mm (オプション)
 
 


HF01センサー(高温熱流計)は、高温環境で、熱流と表面温度の測定ができます。同様の技術で、さまざまな用途に対応する熱流センサーの製造が可能です。

この製品のPDFファイルをプリントアウト

概要

HF01センサーは産業用溶鉱炉、ボイラー、流動層、蒸留塔、および炉、オーブンなどのエネルギーバランスの研究のために、設計されました。センサー部(1)は、ステンレス製本体に内臓されています。

本体に続くメタルケーブル部分(2)は、特別にメタルプロテクションホースで保護されており、さらにシリコン製のカバーで覆われています。メタルケーブルと同様にHF01センサーの最高耐熱温度は、摂氏800℃です。 延長ケーブルは、テフロン製です。

HF01センサー出力は、熱流信号(マイクロボルトアナログ信号)と温度信号(Kタイプサーモカップル)から成ります。サーモカップルは、表面温度、および同時にセンサー温度を測定するのに使用されます。
他のモデルと異なるHF01センサーの特徴は、以下の通りです:

      • ・特に高温用で耐久性に優れた仕様
      • ・速い反応時間=測定時間の削減
      • ・温熱流抵抗=測定精度の向上

 

図 1 HF01. 熱流センサー (1), フレキシブルホース付きメタルシールドケーブル(2)、テフロンケーブル(3), ステンレスフレーム (4), 鉄溶鉱炉の壁面に取り付け可能なマグネット(5),フレキシブルホース保護用シリコンカバー(6)  (単位 mm)

 

オプション

      • 追加延長ケーブル
      • マグネット付ステンレスフレーム(MF01)
      • 別途設計:Hukseflux 社は熱流センサーの設計を専門としています。異なる要望に沿った設計も可能ですのでHukseflux 社にご相談下さい。

適応例

・アルミニウム溶解炉の研究

Version 0820