熱流ルートの調査

土壌熱伝導率測定の主要な応用例は 沖合いを含めた 地中での石油パイプラインや高圧線の調査です
ハクセフラックス社はニードルタイプの熱伝導率測定センサーの設計・製作において現在、マーケットリーダーです。これらのセンサーは土壌の熱伝導率、及び熱抵抗率の測定に適しています。

これには2つの製品カテゴリーがあります。1つはより精度を重視したシステム(ニードルタイプのTP02とTP08、それに対応する測定システムのTPSYS02)で、もう1つは精度よりも耐久性を重視したシステム(ニードルタイプTP07とTP09/FTN01、これら2つを総合したTNS01)があります。

この中で最近の製品としてはMTN01FTN01があります。この製品はイギリスBICC 社製のOnwood 227と同様にバウワー(BAUR)熱伝導測定プローブのの代替品として使用できます。 

フクセフルックス社の土壌熱抵抗率及び熱伝導率測定システム

  数多くのモデルが要望に応じて特注で製作されています。これらの中には野外使用のための頑強なモデルもありますし、少量のサンプル(例えば、放射性物質やウラン沈殿物、食品原料など)の熱伝導率測定のための小型で精密なモデルもあります。また、さらに短く、頑強さを備えたモデルは沖合いの海底土壌の熱抵抗率測定のために開発されました。例として最も広く使用されているモデル、TP02 とその測定システム、TPSYSをご参照下さい。 ハクセフラックス社製品の主要取引先として世界的な地質科学・技術会社である Fugro (アメリカ、サウジアラビア、オランダ)、ノルウェー地質科学研究所、Batelle (アメリカ)、アラブ中央技術研究所、EGS(イギリス、香港)などが挙げられます。