気象学と土壌

気象学での応用においてフクセフルックス社は放射線バランスと 土壌エネルギーバランスを測定するセンサーを取り扱っています。

土壌熱流測定センサー、土壌温度特性センサー、熱特性センサーの使用は土壌の蒸発散測定とエネルギーバランスの研究に有効です。

ハクセフラックス社は気象学とボーエン比システムの熱流測定において世界的なマーケットリーダーです。主に使用されているセンサーは HFP01HFP01SC です。

新たな製品のカテゴリーとしては放射線測定器です。

NR01 4成分放射収支計 ; 短波(太陽放射)と長波(遠    赤外線)の放射バランスを測定します。

RA01 2成分放射収支計NR01の上部分のバージョン    です。

SR11  全天日射計;ファーストクラスの高精度日射計です。

LP02  全天日射計;セカンドクラスの日射計です。

IR02  ヒーター付き赤外放射計;遠赤外放射線(FIR)を測定します。

STP01 土壌温度特性センサー ; 土壌の温度特性を測定する高精度センサーです。 WS01 は表面層における質量移動の研究を可能にした”人工葉”で、超定風速を測定するセンサーとしても使用できます。

ハクセフラックス社は土壌温度の特性(土壌熱伝導率)を測定する分野においてもマーケットリーダーです。