産業と火炎・燃焼の研究

産業界において熱流センサーは稼動過程のモニタリング、汚染の探知、そして 安全管理のためのシステムに使用されています。 主要取引先 を参照下さい。

産業と火炎・燃焼における研究:アルミニウム精製過程の効率化、ボイラー内の熱流研究、溶鉱炉の安全性、 ボイラー内の汚染探知太陽熱収集器の制御、火炎の調査・監視、オーブン内の熱流分析など。

燃焼のテストに フクセフルックス社は新しくシュミットボルターゲージ(Schmidt Boelter gauges)の SBG01を開発しました。

新世代の熱流センサーは産業における測定と制御システムに活用できます。応用例としてアルミニウム精製過程における分析、ボイラー内の汚染の検出(付着物・汚染探知センサー、オーブン内の温度の微調整(べ-キングセンサー)、溶鉱炉等の制御管理(炉の安全システム)、燃焼の監視や合成物処理などが挙げられます。熱流センサーによって可能なのは:

  • 効率化のための改善

  • 安全性の向上

  • 汚染箇所の自動検出とそれに伴う整備点検の必要性の察知

 

ハクセフラックス社は上記に記述した応用例において世界的なマーケットリーダーです。

全てのセンサーは以下に挙げる各種の産業規格;ISO 9000、ITS90, ANSI, DIN BS, またEexi, ATEX / Cenelec  及び NAMUR の規格に則って製作されています。

PDFファイル フクセフルックス社の産業用センサーと高温熱流測定センサーの有効性

ハクセフラックス社のセンサーは効率的すすの除去方法(sootblowing)に適しています。弊社のセンサーは Land Fluxdomes (旧 Land combustion)の交換部品として使用できます。産業用センサーは京都電子工業(KEM)の熱流センサーの代替品としても使用可能です。