建築物理学

ハクセフラックス社は建築物において世界で幅広く使用されている 熱流センサーの専門です。日射計の項目も合わせてご覧下さい。
建築物理学では建築材料における断熱性能は重要な研究対象です。ハクセフラックス社は現在この分野において熱伝導率測定センサーのマーケットリーダーです。一番広く使用されているのは HFP01センサーです。屋内での熱特性の研究はもちろん、異なる気象条件下の野外での研究にも適用できます。重要な測定値は温度です。(例えば、屋内と屋外の比較、風、太陽放射、雨、雪など) ハクセフラックス社は建造物や建築部材の熱抵抗率を分析するためのシステムも取り扱っています。

TRSYS01の項目をご参照下さい。